日本だけでなく海外不動産を選んでいる投資家が増えている

計算機

日本における投資対象

住宅

ストラクチャーの構築

世界中が低金利となっている中での投資対象の選択が難しくなっています。海外不動産は投資対象の一つとして、有力な選択肢となっていますが、地域によって商品作りに工夫が必要です。成熟した国を対象とする海外不動産は安定的な収益の確保が重要となりますので、対象物件を用途ごとにその特性に応じたストラクチャーに作り込むことが必要です。資金の源泉は安定している通貨を選択することで対応可能です。新興国の海外不動産投資においてはその成長性に投資をすることになりますので、マーケット分析が欠かせません。一般的には住宅系の投資が成長と安定を両立する投資となります。資金として為替のボラティリティが高いので現地通貨での調達が安全です。

対象をシニアに絞る

日本の国内不動産はミニバブルの傾向を示していると同時に、今後の少子高齢化による人口減を考慮すると投資対象としては不透明さが避けられません。国内の預貯金はシニア層に偏っているためシニア層の海外不動産投資を促進するためには、将来のライフスタイルの提案を含めて行う必要があります。最近は海外投資セミナーへの参加者が増加しており、投資対象と同時に海外に生活拠点を移そうとするケースも散見されています。高齢化につれて生活はコンパクトにする必要があるので気候が良く、生活しやすい地域に人気が集中しています。最も重要なことは安全、安心ですので、治安が良く、温暖な気候が喜ばれています。シェアリング物件も海外不動産投資の重要な位置を占めています。

希望どおりにできる

パーキング

駐車場の工事は実績から選びます。不動産会社が紹介してくれたところだけに限らず、施工例から選んでみるのもお勧めです。費用の相場を知ることができたり、どんな駐車場にするのかイメージが固まったりできるからです。

詳細を読む

相続対策を考えておこう

マンション

節税目的でマンション投資をする投資家もいます。但し、ここでいう節税は所得税の節税ではなく、相続税の節税です。相続においてマンションや1棟アパート等がどのように扱われるのかをしっかりと理解して活用してみましょう。

詳細を読む

安定的な収入

模型

アパートを一括で借り上げて、オーナーに対して家賃の保証を行うというのがサブリースシステムです。入居者がいなくても家賃収入が安定的に入ってきます。オーナーにとっては入ってくる収入が把握できますので、計画的に建物の管理を行うことができます。

詳細を読む